About Mölkky

 ルール


 プレーヤーは、モルック(mölkky)と呼ばれる木製の棒を投げて、スキットル(skittles)と呼ばれる木製のピンをたおします。スキットルは、上側に傾斜が付いており、そこに1から12まで数字が書かれています。スキットルは、はじめは下記のような配列で並べます。3〜4m離れた場所からモルックを投げスキットルを倒します。スキットルは、倒された地点で再び立てられます。(そうすることで、スキットルはゲームが進むにつれて広がっていき、倒すのが難しくなってきます。)1本だけスキットルが倒れると、スキットルに書かれている数字が得点になります(9の番号1本だけ倒れたら9点)。2本以上倒れると、数字は無関係となり倒れた本数が得点となります(5本倒れたら5点)。地面にすべて接地したスキットルだけが倒れたとみなされ、スキットル同士で重なったり、モルックの上に倒れたものは、倒れたとみなされず得点になりません。ちょうど50点に達したプレーヤーが出た時点でゲームは終了となり、その時の得点がそれぞれのプレーヤーの得点になります。50点を越えたプレーヤーの得点は、25点に戻されます。3回連続で1本も倒れなかった場合、そのプレーヤーの得点は0点となり、その時点でそのプレーヤーは試合に参加できなくなります(他のプレーヤーは続行します)。技術もさることながら、戦略が重要なゲームです。子どもから大人、男女関係なく遊べるゲームです。


 参照  See also

Mölkky rules (in English)

 モルックとは


 Mölkky(モルック)とは、フィンランドのカレリア地方の伝統的なkyykkäというゲームを元に、Tuoterengas社(フィンランド)によって1996年に開発されたスポーツです。モルックはkyykkäほどの体力を必要とせず、老若男女が楽しめるものです。


 参照 See also

Mölkky (Wikipedia)

Tactic (モルック販売元)

 投げ方


 基本的にどのように投げてもルール上の問題ありませんが、ほぼ全プレーヤーが狙いが定めやすい下手投げを採用しています。ここではJMAが世界の列強と戦う中で発見してきた各種フォームを紹介します。

・スキットルの並べ方

・投げる場所

・サイズ

モルック                 スキットル

左図の順番で各スキットルが密着するように並べます。

投げる場所はスキットルから3〜4m(大股で3歩半が目安)でそれほど厳密には決められていません。

並べ方参考動画

各図はスロバキアモルック協会より引用

Figures are contributed from Slovakia Mölkky Association

基本フォーム

・下手投げ。モルックの重心が安定するように握り、狙いを定め数回の素振りの後に投擲、フォロースルーへの意識も大切。足は揃える流派と縦に開く流派、また屈伸を利用する流派と腕の力だけで投げる流派が併存。多くの人にとって基本フォームとなるので狙いを定めやすい。

・軌道は緩やかな放物線状。

・目標スキットル周辺に障害がなく確実に得点を狙う場合には最適。ショートレンジ3-4m〜ロングレンジ7m-

ラハティ投げ

・重心を落として構え、スキットル手前から転がすイメージで狙い、腕の力を利用して比較的強く投擲。モルック発祥の地フィンランドのラハティで発見された。

・棒速が速いので軌道はほぼスキットルに向けて一直線となる。

・相手の邪魔になるよう、スキットルを遠くに飛ばしたいとき等に有効。

・ただしバウンドによる軌道の予期せぬ変化も起こるため、グランドコンディションに大きく左右されることに注意が必要。ショートレンジ3-4m〜ロングレンジ7m-

裏投げ

・普通の投げ方のフォームに逆手でモルックを握り、軽くバックスピンをかけ投擲。

・軌道は放物線状となる。

・縦に並んだスキットルのうち1本だけ倒したいときに有効。また着地後の動きが少ないのでスキットルをあまり動かしたくないときにも有効。

・ただし相当な精度を要求される。ショートレンジ3-4m〜ミドルレンジ5-7m

縦投げ

・モルックを縦に持って投げる。

・スキットル直前で着地し余力で目標スキットルを倒すくらいの軌道が理想。

・横に並んだスキットルのうち1本だけ倒したいときに有効

・ただし相当な精度を要求される。ショートレンジ3-4m